最終更新日:2018年 3月20日

★ QSOポイント賞 ★

  
★虹にちなむアワードを通じて、アワード仲間の連帯を深めよう!★
 
→→★QSOポイント賞、QRVポイント賞の受付状況は、こちらをクリック!★ 
★ お知らせ ★
@ アワード対象地のリストは、必ず最新版をご使用下さい。(各局からの情報により修正される場合が
 あります。)ご面倒をおかけし大変申し訳ございません。
  ★現在の最新版は、 第6版(2018. 2.13)(備考欄の誤記のみを修正) です。
  ※アワード対象地の距離制限に関するご質問が多く、わかりづらいとのご指摘もあったため、備考欄に
   本アワード独自のポイントのみ【3km以内】と明記しました。(対象地に変更はありません。)
A メールでのお問い合わせには、お手数ですがコールサインの記載をお願いいたします。

B AWARD MGRは、未だ現役で働いており、1週間程度の出張もあります。このため、お問い合わせ
 を頂いてもすぐに回答できない場合があります。あらかじめご了承下さい。
 
1 ルール
(1) 虹の色である、「赤」,「橙」,「黄」,「緑」,「青」,「藍」,「紫」の7色及び「虹」並びに全ての光が
   集まってできる「白」のいずれかの文字を含むアワード対象地で運用する局とQSOし、QSLカード
   を得ます。

(2) 「黄」は「黄金」とみなし、「黄」の他に「金」を含むものでも有効とします。
   また、「橙」は、「オレンジ」でも有効とします。

(3) 個人局のOPの氏名に虹の色である、「赤」,「橙」,「黄」,「緑」,「青」,「藍」,「紫」の7色
   又は「虹」若しくは「白」を含む場合には、各クラスの10%まで未交信の同色のアワード対象地
   代用できるものとします。
    記念局、クラブ局は、QSLカードにOP名が記載されていても不可
    代用は、QSLカードに漢字で氏名が書かれており、かつ、それぞれの色と一致していることを
   条件とします。(漢字の読み方に制限はありません。)
    なお、代用できるのは、バンド、モード、運用地又は交信日等が異なっても1局あたり1回のみと
   します。
    (例)木 圭一郎 → 「赤」の任意のアワード対象地に代用可
       井 克子  → 「黄」の任意のアワード対象地に代用可
       井 子  → 「青」又は「藍」のいずれか一方のアワード対象地に代用可
       伊藤 みどり →
 「緑」ではないので代用不可
       Jiro Akagawa → 漢字で書かれていないので代用不可

(4) 申請者の移動は自由です。また、運用者が同一人物であれば異なるコールサイン(国内に限る。)
   でも有効とします。

(5) QSLカードには、虹番号(虹−○○○又はRB−○○○)又は名称等の記載を必要とします。
   (運用場所がアワード対象地であることが条件ですので、市区町村名のみでは無効です。)
    また、QSLカードにはアワード対象地の写真やスタンプ等があれば、よりFBかと思います。
   写真、スタンプ等は、このアワードに有効なQSLの条件ではありません。

(6) 同一コールサインの局との交信は、アワード対象地が異なれば同一日には、4ヶ所までを有効と
   します。

(7) このアワードに必要なACCメンバーのQSLには、ACCマークと会員番号の記載を必要とします。
   ただし、ACCの規格カード又はACC記念カードの場合は、会員番号の記載のみで可とします。
    また、交信したアワード対象地からのQSLにACCメンバーを含む場合は、そのQSLカードを
   ACCメンバーの数にカウントできます。

(8) 特記は、バンド、モード以外に申請者の希望するものを特記します。(バンド・モードの他に、
   例えば「AJD」、「WAJA」、「1DAY」、「QRP」など)

(9) 交信有効年月日は、2018年1月1日〜2020年12月31日迄とします。アワードの発行は、
   2018年7月1日以降とし、申請は、2021年6月30日迄とします。
 今回は、「友情、連帯そしてフェアプレーの精神」を謳うオリンピック東京大会の終了年までとします。

(10)交信有効年月日終了後は、QSLカードが未着でも交信から4ヶ月を経過していれば、QSLを取得
   しているものと見なします。

(11)このアワードは、SWLの方にも発行します。その場合は、規約及び申請書は「交信」を「受信」
   に読み替えて下さい。
    なお、アワード発行の際には、発行するアワードの本文をSWLの方向けに修正いたします。

2 QSOポイント賞
★ QSOポイント賞(アワードのデザインは1種類)
 リスト上のアワード対象地から運用する局と交信し 100ポイント以上を集め、
これに加えて、ACCメンバーのQSL(
ポイントの10%以上、最大40局で可)を得る。

※(ポイント賞の場合のみのルール)
@ 固定局、移動局とも1回1ポイント。
ただしYL局とクラブ局の運用は、1回2ポイント
A 各対象地から運用した局からのQSLの取得は不要(交信のみで可)
(ただし、ACCメンバーとのQSOは、QSLが必要)
B 同一局との同一
アワード対象地からの交信も、1ヶ月に2回まで有効
C 最低25の
アワード対象地を含むこと
D ACCメンバーとのQSLは他の賞と重複できない
E ポイント賞は、1000ポイントまでは100ポイント単位、1000ポイント以上は、10ポイント単位で
 発行します。

  なお、ここでいう「ポイント」とは以下のようにカウントします。
・1/10と2/28にJA1QRVと虹-100でそれぞれQSO → 1月分と2月分でそれぞれ1ポイントで計2ポイント
・1/1,1/10と1/31にJA1QRZと虹-100でそれぞれQSO→同一月3回なので、2ポイントのみカウント
注1:アワード対象地からのQSL及びACCメンバーのQSLは、他の賞との重複できません。
注2:ACCメンバーとの交信については、その運用地を問いません。(アワード対象地からの運用でない固定局、
  移動局も有効)ただし、ACCメンバーは、全て異なる局である必要があります。
   また、アワード対象地からのQSLにACCメンバーを含む場合は、そのQSLカードをACCメンバーの数に
  カウントできます。
★ 各種ダウンロードはこちら ★

◎移動運用の際の運用場所についての解説◎
 →※境界ポイントの考え方の解説(PDF版)のダウンロードは、こちらからどうぞ

◎ルールの詳細◎
 →※ルールの詳細(PDF版)のダウンロードは、こちらからどうぞ

◎特定申請書2(QSOポイント賞用)◎
 →※特定申請書2(EXCEL版)のダウンロードは、こちらからどうぞ
 →※特定申請書2(PDF版)のダウンロードは、こちらからどうぞ

◎アワード対象地リスト◎
 →※アワード対象地リスト(EXCEL版)のダウンロードは、こちらからどうぞ
 →※アワード対象地リスト(PDF版)のダウンロードは、こちらからどうぞ

◎アワード対象地(色別)リスト◎
 →※アワード対象地リスト(EXCEL版)のダウンロードは、こちらからどうぞ
 →※アワード対象地リスト(PDF版)のダウンロードは、こちらからどうぞ

◎道の駅Get's用mcsvファイル◎
 →※道の駅Get's用mcsvファイルのダウンロードは、こちらからどうぞ

◎ACCメンバーリスト◎
 →※ACCメンバーリスト(HAMLOG組込可)のダウンロードは、こちらの頁からどうぞ

※ これらのリストを郵送(紙又はCD)で請求される場合は、お手数ですが郵送料等の一部
 として200円分の切手を同封のうえ、アワードマネージャー迄お送り下さい。
 
※お問い合わせ及び申請は、こちらにお願いします。
 
 
 
 
 
 
 
 
↑ この部分は、迷惑メール防止のため画像になっています。

このアワードについてのお問い合わせは、上記アワード マネージャーまでお願いします。

→→ 戻る

inserted by FC2 system