更新年月日:2021年2月24日
趣旨

コロナ渦によって、世の中は大きく変わりました。これまで当たり前のように 行ってきたことも自粛ムードで一変しました。

「ステイ・ホーム」、「新しい生活様式」、「ソーシャル・ディスタンス」など 心が暗くなることばかりです。皆がそんな気持ちでいると、せっかくの幸せも逃げて 行ってしまうのではないでしょうか。

そこで、せめてアマチュア無線の世界だけでもコロナを吹き飛ばし「福」 を招くようなイベントをと思い、ACC1エリア支部が新しいアワードを始めます。 皆様もふるってご参加下さい。

★お詫び★

2020/11/20にHPを開設し、対象ポイントを公開いたしましたが、 各局より対象地リストに誤りがあるとのご指摘を受けております。 公表前のポイントの確認が不十分であったため、皆様には大変ご迷惑をおかけ致しております。 誠に申し訳ございません。

現在、ご指摘頂いた点についての修正及びポイントの再確認を行っております。 大変お手数ですが、アワード開始後はHPをご確認頂き、最新版をご使用ください ますようお願い申し上げます。

なお、現在の最新版は2021/02/24更新の修正第6版です。

ダウンロードデータ等更新履歴

皆様のご協力の下、鋭意修正しております。お手数をおかけし申し訳
ございません。

*2020/12/ 1修正*
★QTHの訂正★
福22−4 (誤)220104京都市左京区
(新)220106京都市下京区
*2020/12/ 2修正*
★道の駅Get's用ファイルの追加★

リクエストを受けて、CW用の道の駅Get'sファイルを追加しました。

*2020/12/ 4修正*
★対象地リスト及び道の駅Get's用ファイルの修正★

「福野駅」が岐阜県と富山県の両方にあるため、区別できるようにリストを修正しました。

また、対象地リストに記載の岐阜県の福野駅の線名が誤っていたため 修正しました。対象地番号及び対象市区町村に変更はありません。

*2020/12/ 9修正*
★PDFファイルの修正★

文字化けを防ぐため、フォントを埋め込みました。

*2020/12/ 28修正*
★PDF版メンバーリストの追加★

各局のご要望を受け、コールサイン順のメンバーリストを追加しました。

*2021/ 1/ 3修正*
★HAMLOG集計用 申請書及び道の駅Get's用ファイルの修正★

HAMLOGで集計可能なように都道府県名を入れたファイルを追加しました。また、申請書を一部変更しました。

なお、道の駅Get’sは、Ver5.5a以上をお使い頂き、「その他のアワード1」に「福-」を入力して下さい。
HAMLOGのRem1又はRem2に「道の駅Get’s」の該当項目を転送したうえで、「重複なし」のチェックを外して 集計して下さい。道の駅Get’sで集計した物をそのまま申請書のQSOリストのシートに貼り付けることができます。
(交信時刻が入るので、その分の行を追加、非表示にしてあります。)
これで集計データーを北海道01のコールサインに貼り付ければ一度でQSOリストが出来上がります。
JJ1DOR様提供 TNX JJ1DOR

*2021/1/7修正*
★対象地リストの修正★

福35-14 伊賀和志 は、三江線の廃止に伴い、現存しないとのご指摘を頂きました。リスト作成時のチェックミスが 原因です。大変申し訳ございません。したがいまして、このポイントは削除させて頂くこととしました。
すでに交信された方には大変ご迷惑をおかけします。お詫びいたします。
これに伴い、mcsvファイル、申請書等のリストを全て修正いたしました。各局のご要望を受け、コールサイン順のメンバーリストを追加しました。

*2021/1/21修正*
★対象地リストの一部修正★

対象地リストの対象文字に誤りがあり修正しました。対象地に変更はありません。

福42−9 竹松 (誤)竹 (正)松/竹
福45−2 福島高松 (誤)松 (正)福/松
*2021/1/23修正*
★HP全面改修しました★
*2021/2/8修正*
★道の駅Get's用ファイルの一部修正★

道の駅用のmscvファイルに市区町村の誤りがあり修正しました。対象地に変更はありません。

福07−11 須賀川 (誤)0702 福島県会津若松市
(正)0707 福島県須賀川市
    
*2021/2/24修正*
★対象地リストの一部修正★

対象地の路線名に一部誤りがあり修正しました。対象地に変更はありません。

福28-01 福岡(富山) (誤)西:北陸本線
(正)あいの風とやま鉄道
福30-02 西金沢/新西金沢 (誤)西:北陸本線
(正)西:北陸本線/北陸鉄道
福30-03 東金沢 (誤)西:北陸本線/IRいしかわ鉄道
(正)IRいしかわ鉄道

1.ルール

(1)ACC1エリア支部が指定する、「松」、「竹」、「梅」等の
おめでたい漢字を含む鉄道の駅同一の市区町村からQRVする局と
交信(SWLは受信、以下同じ)します。

(2)指定文字は、以下の17文字とします。
寿、松、竹、梅、鶴、亀、財、宝、金、銀、慶、賀、幸、福、瑞、禄、聖
※ 指定文字を含んだ駅の例
「高」、「の塚」、「田」、 「見」、「戸」、
島」・・・・

(3)同一の市区町村内に複数の対象地がある場合は、全てが異なる局、
かつ、異なる年月日でなければなりません。
(以下の代用を使用する場合でも同じです。)

(正しい例)

対象地 JCC 市区町村名 交信年月日 交信局
福川駅 1987 岐阜県
○○市
2021/5/1 JA2QRV
亀川駅 2021/6/15 JN9ACC/2
財産駅 2021/6/16 JE8QRP/2

◎上記のように同一市区町村の対象地は、全て異なる日付で、かつ、異なる局であることが条件です。 なお、市区町村が異なれば同じ日に同じ局と交信しても有効です。

※移動運用を行う場合は、市区町村を変えれば1日に2箇所以上のサービスが可能です。

(誤りの例)

対象地 JCC 市区町村名 交信年月日 交信局
@ 福川駅 1987 岐阜県
○○市
2021/5/1 JA2QRV
A 亀川駅 2021/6/15 JA2QRV/2 ×ア
B 財産駅 2021/5/1 JE8QTC/2 ×イ

ア:@と同じ局なので無効、イ:@と同じ日付なので無効

(4)QSLカードの取得は、不要です。交信のみで申請ができます。 なお、交信中に案内する場合及びQSLカードに記載する場合は、「福○○−△△」(CWの場合は「BL○○△△」)(BL:blessing) などとアナウンス又はQSLカードに記載して下さい。

(5)OPの氏名に対象の17文字のいずれかを含む場合には、その文字が含まれているいずれか1ヶ所の対象地に代用できます。 例えば、福島市の固定局の「下さん」と2回交信すれば、1回は福島市の対象地としてカウントし、もう1回は「山駅」の 代用として使用できます。

ただし、代用は、1局あたり1回を限度とし、氏名をQSL又はコールブック等で確認できることが条件です。

(6)ACCのクラブ局(JN1YMP、JN1ZGI及びJE4YOL)は、各1回運用地に関わらずいずれかの対象市区町村のうちの1ヶ所の 対象地に代用できます。

(7)申請者が対象市区町村に移動して運用し、HF帯は10局、それ以外のバンドでは、5局以上と交信した場合は、その市区町村の対象地のうちの1ヶ所と QSOしたものとみなします。ただし、このカウントは1市区町村あたり1回を限度とします。(複数の市区町村に移動し運用した場合には、それぞれ各1回カウントできます。)

(8)アワード開始後に駅の新設・廃止があった場合には、リストを修正することがあります。

(9)申請者の移動は自由です。

(10)同一コールサインの局との交信は、運用地の市区町村が異なれば同一日には、4ヶ所までを有効とします。ただし、市区町村境で運用し同時に2つ以上の 市区町村をサービスすることは、無効です。

(11)このアワードの申請には、各クラス毎に一定数の異なるACCメン
バーとの交信(受信)が必要です。

なお、対象地との交信(受信)にACCメンバーを含む場合には、その分もカウントできます。

(12)特記は、バンド、モード以外に申請者の希望するものを特記します。(バンド・モードの他に、例えば「AJD」、「WAJA」、 「1DAY」、「QRP」など)

(13)交信有効年月日は、2021年1月1日〜2022年12月31日迄とします。 アワードの受付・発行は、2021年7月1日以降とし、申請は、 2023年1月31日迄受付・発行いたします。

(14)このAWARDは、SWLの方にも発行します。

(15)その他、規約に記されていない点については、JARLのアワード規約等に準じます。

★ 対象地となる駅の市区町村の判定は、国土地理院の地図を基準と

しました。(以下のHPから無料で閲覧できます。)
なお、複数の市区町村に跨がっている可能性のある駅は、原則として本対象地リストによります。
また、隣接する複数の駅(原則として乗り換え可能な駅)は1つのポイントとしていることがあります。

2.申請のクラス

クラス50 50ヶ所の対象地 +
 異なるACCメンバーとの交信10局
クラス100 100ヶ所の対象地 +
 異なるACCメンバーとの交信20局
クラス300 300ヶ所の対象地 +
 異なるACCメンバーとの交信30局
クラス500 500ヶ所の対象地 +
 異なるACCメンバーとの交信40局
クラスパーフェクト 全ての対象地 +
 異なるACCメンバーとの交信50局

★ACCメンバー(ACCのクラブ局もメンバー扱)の運用地は問いません★

なお、対象地のACCメンバーと交信した場合には、メンバー局との交信数にカウントできます。
また、下位のクラスの申請に使用したACCメンバーとの交信は、上位クラスに重複してカウントすることができます。

各種ダウンロード

★Edge等の一部のブラウザでは、PDFが草書体になったり文字化けすることがあります。 このような場合は、PDFをダウンロードしてから印刷すれば正常に印字されます。

※上記のリストを郵送(紙又はCD)で請求される場合は、お手数ですが郵送料として140円分の切手をお送り下さい。

3.申請料等

ア)電子申請で電子発行する場合 無料 (申請者には、アワードをメールに添付してPDFデータでお送りします。)

イ)電子申請又は郵送による申請で、アワードを印刷のうえ発行する場合¥400
申請料は、無記名定額小為替または、以下の郵便振替口座に送金して下さい

◎アワード申請料の振込先

(郵便貯金の口座をお持ちの方は、インターネットで手続きすれば、振込手数料がかかりません。)

(また、口座のない方も郵便局にある振込用紙を使用し、ATMからの送金をオススメします。)

↑ この部分は、迷惑メール防止のため画像になっています。

4.申請先及びお問い合わせ先(アワードマネージャー)

↑ この部分は、迷惑メール防止のため画像になっています。

このアワードについてのお問い合わせは、上記アワードマネージャーまでお願いします。

inserted by FC2 system